当社について

当社について

ニューラル機械翻訳が世に登場して以来、現在翻訳を含めた言語サービスの分野は大きく変貌しつつあります。
世界をより近くに感じる今日、翻訳の需要は、スピードが求められるもの、精度が求められるもの、コスト削減が必要となるもの等実に多様化してきています。

我が社のメイン事業は特許翻訳ですが、特許翻訳の業界でも変化の波は押し寄せてきており、この波に呑まれず上手に波を乗りこなして成⻑を遂げていくつもりです。

新しい時代や変化を恐れるのではなく、受け入れて進化していける会社を目指しております。

代表者プロフィール

代表/特許翻訳者
memoQテクノロジーパートナー

糸目 慈樹

日本実用英語技能検定:1級
TOEIC:945点

15歳~23歳
カナダ東部(Halifax, Nova Scotia)に在住。
1999年~2003年
名古屋市にて、英会話学校の講師を務める。
2002年~2003年
名古屋市の某製造業にて、通訳及び翻訳に従事する。
2004年
大阪市の特許事務所において、特許翻訳を始める
2007年

大阪市の別の特許事務所に転職。

同特許事務所にて、翻訳チームを設立

自作のマクロを使用した翻訳フローを確立する。

2011年

勤務先の特許事務所にて、中国の顧客に向けたサービス展開を始める

翻訳者の作業環境を改善する為にマクロやツールに関する情報交換の場を提供するために、大阪市で有志を募り「翻訳者のためのマクロ勉強会(ほんまかい)」を発足

2012年

東京ほんま会を発足(現在は関東の有志によって運営)

秀丸エディタとMicrosoft Wordのマクロを組み合わせた自作のマクロセット(iTOME-integrated Translator Oriented Macro Environment)を無料で配布し始める。なお、現在は配布を停止している。

2014年
ハンガリーのKilgray社(現在memoQ, Ltd.)が提供するmemoQ(CATツール)に出会い、翌年2015年には勤務先の特許事務所に、memoQを使ったフローを立案・導入する。
2019年
株式会社Cygnapiaを設立

会社概要

社名 株式会社Cygnapia
代表者名 糸目 慈樹
代表者名 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目5−13 桜橋第一ビル304号
Email s.itome@cygnapia.com
TEL 06-6306-6068
FAX 06-6306-6067
事業内容 1. 各種翻訳業(特許明細書、科学技術論文、法定書類)

 

* 日英、英日
* 中日、日中

2. 翻訳に関するコンサルティング業務

* 翻訳業務のワークフローの立案
* 翻訳業務効率化のための提案
* 翻訳者に対するソフトウェア、ツール等の使用についての指導

3. 講演会、研修会、セミナー等の企画、運営並びに讓師の派遣

4. ソフトウェアの企画、開発、販売、保守及び管理

* 翻訳業務効率化のためのマクロ作成

5. 書籍の出版業務、情報提供サービス業務

設立日 2019年6月3日
資本金 100万円
ページトップへ矢印